医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違い

美容クリニックでの医療脱毛と、エステサロンや家庭用脱毛機などで行う光脱毛との違い、それは、「脱毛」か「減毛」かという点になります。 脱毛、いわゆる体毛の毛根を破壊する行為は医療行為に該当するため 、日本では医療機関でのみ行える行為です。それに対してエステの脱毛メニューは継続することにより薄い状態を保つ目的で行うもの。 医療脱毛は医療機関であるクリニックでのみのご提供となります。より少ない回数で、かつ完全に脱毛したいという方には、医療脱毛をお勧めいたします。

横へスクロールすると比較表を確認できます →

リバティークリニック 他クリニック エステ脱毛
効果 「熱破壊式」「蓄熱式」の2つのモードの使い分け 3種類のレーザーを肌質、毛質に合わせて使い分け 男性専門クリニックならではの照射出力 メラニンに反応するため、色素が薄い箇所に適応しない場合がある 「抑毛」効果しかないため、すぐに毛が生えて定期的に通わなければならず結果的にコスト高
安全性 医療従事者による施術 医療従事者による施術 一般スタッフによる施術
脱毛の種類 医療レーザー脱毛 医療レーザー脱毛、医療光脱毛 光脱毛
資格 医師免許が必要 医師免許が必要 資格なし
完了までの回数 最低6回~ 最低6回~ 15回以上
一回の脱毛時間 全身脱毛最短90分 クリニックにより様々 エステサロンにより様々
痛み 輪ゴムではじかれたような痛み 機械によって、痛みがマイルドな機種も有り 医療麻酔による痛みの軽減が可能 輪ゴムではじかれたような痛み、熱による熱さなど機種により様々 輪ゴムではじかれたような痛み 麻酔や軟膏などの医療措置がない

医療脱毛とは?
気になる疑問を解説いたします

  1. 医療脱毛の仕組み

    医療脱毛は、医療機関のみに使用することが許された医療用脱毛専用レーザーやIPL(光脱毛)によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。

  2. 毛周期とは

    毛周期(ヘアサイクル)とは、毛が生えてから抜けるまでの周期のことです。毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されています。

  3. 医療脱毛とエステ脱毛の違い

    脱毛なら医療脱毛もエステ脱毛も、同じだと思っていませんか?どういった違いがあるのか、詳しく説明いたします。

TOP▲