毛周期とは

毛周期(ヘアサイクル)とは

毛が生えてから抜けるまでの周期のことで、毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されています。

毛が伸びる「成長期」

成長期は、その名の通り、毛が伸びる時期です。成長期の毛は根が深く、毛を色づけるメラニン色素が濃いため、医療脱毛の効果が現れやすいとされています。医療レーザーは、メラニン色素に反応して熱が発生します。その熱が毛根にためこまれると、周辺の発毛組織に熱ダメージを与えられるのです。 つまり、メラニン色素が濃く、根が深いほどに脱毛効果が高くなります。毛周期は、1本ごとに異なるため、大体2~3ヵ月に1回のペースで施術をして、成長期の毛を脱毛していくのが特徴です。

脱毛効果が現れにくい「退行期」

退行期では、毛の根が浅くなりメラニン色素も薄くなるため、医療レーザー脱毛の効果が現れにくいことに注意が必要です。ただし、退行期の毛にも効果が期待できる医療レーザー脱毛機もあります。

休止期

休止期では、毛の成長が止まって毛の根が離れるため、熱を与えても発毛組織にダメージを与えられません。医療脱毛では成長期を狙って施術を受けることが大切です。

医療脱毛を受ける頻度と注意点

医療脱毛を受ける頻度は、慎重に決めなければならず、カウンセリングの際に医師や看護師から提案してもらえます。通院頻度を間違えると、脱毛効果を得られなかったり、通院回数が増えたりするため注意が必要です

脱毛の間隔は空けすぎも詰めすぎもNG

脱毛の間隔を空けすぎると、次回に脱毛効果を与えたい毛が退行期に入ってしまう可能性があり、次回の照射で脱毛できる毛が少なくなり、最終的な脱毛回数が増える恐れがあります。 また、脱毛の間隔を詰めすぎることもおすすめできません。脱毛の間隔を詰めても、早く脱毛できるわけではありません。全体の20%程度が成長期で、その他の毛は退行期や休止期のため、脱毛効果がありません。間隔を詰めすぎると、成長期の毛が少ないときに照射することになり、効果の範囲が小さくなります。結果的に必要な施術回数が増えるため注意が必要です。

1.5~2ヵ月に1回の脱毛が最適です

毛周期は、部位によって異なります。また、個人差もあるため、平均として1.5~2ヵ月に1回を目安に脱毛を受けることが最適です。

周期の多少のズレは問題ありません

脱毛を重ねてきた場合は、脱毛の周期は、多少ズレが生じてしまっても問題はありません。 脱毛を途中でやめてしまうと、完全に毛がない状態にはできません。毛の量を減らすことは可能ですが、自己処理の頻度は減らせませんので、継続して脱毛を行うことが大切です。 予約日のご希望や変更・調整など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

脱毛期間中は毛抜きを使わないことが大切

脱毛期間中もムダ毛は生えてきますが、必ずシェーバーで処理しましょう。毛抜きで抜くと、次回の脱毛効果を得られなくなります。脱毛は、毛のメラニン色素に反応するレーザーを照射して蓄熱によって発毛組織を破壊するため、毛がないと熱を与えらません。 また、毛抜きで抜くと毛嚢炎や埋没毛などのトラブルが起こる可能性があります。毛嚢炎は、毛穴に炎症が起きた状態で、そのままでは脱毛を受けられません。毛嚢炎が完治して、脱毛しても問題ない肌の状態になれば、脱毛を再開できます。 脱毛ができなくなることでスケジュールがズレたり、成長期の毛の比率が少なくなったりするため、施術回数が増える恐れもでてしまうので気を付け、適切な頻度で通うためにも、脱毛期間中は肌や毛穴に負担をかける行為を避けることが大切です。

日焼けをすると脱毛を受けられない

脱毛期間中に日焼けをすると、医療脱毛を受けられない場合があります。日焼けをすると肌が褐色になります。これは、毛を色づけているメラニン色素の影響なのです。そのため、日焼けした肌に医療レーザーを照射すると、肌のメラニン色素にも反応して、火傷する恐れがあります。 また、日焼けをした肌は刺激に弱いため、脱毛を受けるのに適した状態ではありません。脱毛期間中は、日焼けしないようにしてください。

医療脱毛とは?
気になる疑問を解説いたします

  1. 医療脱毛の仕組み

    医療脱毛は、医療機関のみに使用することが許された医療用脱毛専用レーザーやIPL(光脱毛)によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。

  2. 毛周期とは

    毛周期(ヘアサイクル)とは、毛が生えてから抜けるまでの周期のことです。毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されています。

  3. 医療脱毛とエステ脱毛の違い

    脱毛なら医療脱毛もエステ脱毛も、同じだと思っていませんか?どういった違いがあるのか、詳しく説明いたします。

TOP▲