医療脱毛の仕組み

医療脱毛の仕組み

医療脱毛の効果

医療脱毛のレーザーを毛に照射すると、毛の中にあるメラニン色素に医療脱毛のレーザーのエネルギーが吸収され、熱を生じます。熱は毛の根元まで伝わり、毛を生み出す源である毛母細胞にダメージを与えます。 一言でいえば、医療脱毛のレーザーを当てて発毛組織を焼いて壊してしまうのが医療脱毛です。 メラニンは毛の周りの皮膚にも存在しているため、医療脱毛のレーザー照射によって皮膚が局所的に熱せられ、多かれ少なかれ痛みが生じます。 医療脱毛のレーザーの出力エネルギーや照射時間、毛の周りの皮膚の状態によっては、皮膚が熱せられすぎて火傷してしまうリスクも存在します。 体の一部(毛包)を損傷し、その周りにも副作用が生じる危険があるため、医療レーザー脱毛は医療機関でのみ許された施術となっているのです。

脱毛は医療行為です

医療脱毛は、医療機関のみに使用することが許された医療用脱毛レーザーによって発毛組織を破壊し、脱毛する方法です。エステでの脱毛トラブルが多発していたことを受け、2000年には厚生労働省から「脱毛は医療行為である」という通達文が出されています。「医療」といわれる脱毛は、脱毛後のケアも可能な医療機関で行うことをおすすめします。

医療脱毛の副作用

医療脱毛では、下記の副作用、リスクが伴います。そのため、医療機関での脱毛をおすすめします。

①火傷による炎症
医療脱毛は、体毛に含まれる黒い色素「メラニン」にレーザーが反応する仕組みです。 レーザーが熱を発生させ、発毛組織を破壊することで脱毛効果を得ることができます。その際、熱によって皮膚が火傷のような状態になり、炎症を引き起こす可能性があります。
②毛嚢炎
脱毛による刺激によって、ニキビのようなものが脱毛部位に集中して発生する事があります。 これは「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれる症状で、デリケートゾーンやワキ、背中など皮脂腺の多い部位に発症しやすい症状です。 ニキビとの違いは、かゆみや痛みがないことや、中央に芯がない点です。
③硬毛化、増毛化
硬毛化、増毛化とは、脱毛施術後に毛が太くなったり、脱毛前より毛が増えてしまう症状です。 はっきりとした原因はわかってはいませんが、発毛組織を破壊するまでに至らなかった熱が、 かえって毛根を刺激してしまい、活性化した毛穴から毛が生えてしまうことが原因だと考えられています。熱を集めにくい産毛が多く生えている背中や顔の脱毛で起きやすいと言われています。

医療脱毛とは?
気になる疑問を解説いたします

  1. 医療脱毛の仕組み

    医療脱毛は、医療機関のみに使用することが許された医療用脱毛専用レーザーやIPL(光脱毛)によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。

  2. 毛周期とは

    毛周期(ヘアサイクル)とは、毛が生えてから抜けるまでの周期のことです。毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されています。

  3. 医療脱毛とエステ脱毛の違い

    脱毛なら医療脱毛もエステ脱毛も、同じだと思っていませんか?どういった違いがあるのか、詳しく説明いたします。

TOP▲